「自然の権利」基金

更新情報
更新情報リスト

 「自然の権利」基金は、アマミノクロウサギなどの野生生物を原告とした「奄美 『自然の権利』訴訟」を契機に1996 年4 月に設立されました。法律をつかって自然保護をめざす人たちを応援している環境NGO です。

「自然にも権利があります」と言うと、多くの人は変に思うかもしれません。

 しかし各地で進む深刻な自然破壊により、私たちのまわりから草のにおいや磯の香り、小鳥のさえずりが消えたとき、私たちははたして、これらに替わる深いよろこびを見つけることができるでしょうか。
自然が自然のままであることのかけがえのなさを肌で感じることはないでしょうか。

メダカまでもが絶滅を心配されている今日、深刻な自然破壊を前に私たちは「自然にも生きる権利があれば・・・」と願うことも稀ではありません。
それは、人と自然との関係の中で生まれた、すぐれて人間的な感性です。
「大切なものが失われた」と自然が破壊されたときに私たちが受ける素朴で純粋な印象こそが「自然の権利」の原点です。

「自然の権利」は、自然とともに生きたいと願う人の権利でもあります。

 裁判は、法廷で誰もが対等に自然保護を議論し、様々な資料の突き合わせをすることのできる手段ですが、その半面、非常に経費のかかる現実があります。
原告たちや弁護士が裁判所へ通う交通費や、裁判官に実際に現地を見てもらう「現地検証」の費用もかなりかかります。
自然保護訴訟は、その自然に関わりを持つ人たちが原告となって訴えますが、思いを同じくする人々は少なくないはずです。
 そこで、そのお気持ちを、資金援助という形で表していただければ嬉しいです。
みなさまからの会費や寄付が、自然を守る裁判のために使われます。
ぜひ、ご入会・ご寄付をよろしくお願い申し上げます。

入会・寄付について詳しく見る
入会・寄付のご案内

みなさまからの会費や寄付が、自然を守る裁判のために使われます。ぜひ、ご入会・ご寄付をよろしくお願い申し上げます。

●入会金3,000 円 年会費3,000 円(初年度のご負担は入会金の3,000円のみです。年会費の3,000 円は翌年の1 月よりいただきます。ご寄付はいつでも大歓迎です。)
  郵便振替 01070-6-31179
  「自然の権利」基金
そのほか、クレジットカードや銀行口座もご利用できます。

●ご入会いただいた方へ、活動報告誌「『自然の権利』基金通信」をお送りしております。

詳しく見る
「自然の権利」基金通信
バックナンバー目次